2017/06/05

アール・トーマスが帰ってくるぜ

昨シーズン、脛骨を骨折し12月でシーズンエンドとなったシアトル・シーホークスのアール・トーマスさん。引退をほのめかすツイートなどして、ファンをヤキモキさせていましたが、現在は気迫のこもった練習で今シーズンに備えているようですぞ、みなさん!

「今日の練習で一番印象に残ったのはアールだな。火曜の練習からドリルをこなしている。トップスピードだ。意気込みがすごい。自分がどれぐらいできるか見てるんだな。順調に回復している。キャンプには必ず間に合う」

とは、OTA1週目終了後のピート・キャロルコーチの言葉。

はぁー、安心したー。だってね、12月末、WRタイラー・ロケットさんが怪我した試合の直後に「必ず来年戻るぜ」と宣言はしていたものの、口先だけってこともあるし、どうなんだろうなぁと思っていました。

だけど、口だけではなかったアール・トーマス。

彼のリハビリをずっと指導してきたトレーナー、ジェレミー・ヒルさんによると、今までに見たことないほど激しいモチベーションで、リハビリに取り組んでいるとのことです。

高校時代からの知り合い、大学でのチームメイトだったヒルさん自身も、同じ怪我を経験しています。アール・トーマスさんがパンサーズ戦で怪我をした直後すぐに電話し、レントゲンの結果待ちの間に、何を予期すべきか、これからの心構えを説明していたそう。

その数分後に引退ツイートが飛び出して、「マジかよw今電話切ったばっかだぜ。コレ話したとこだろ」と、今では笑って語るヒルさん。

ヒルさんの拠点テキサス州オースチンで、アール・トーマスさんは3月4月とずっとリハビリに取り組んでいました。普段、日曜は休みにしてしているヒルさんをジムに呼び出して、毎日朝10時から午後4時までみっちり筋力、瞬発力、柔軟性などをトレーニング。

「顔をゆがませてヨロヨロになってたよ。ちょっと休めと言っても、『大丈夫だ、さあ次』って。そんなヤツさ」

「最初、NFLに入ったばかりのときは、自分がここでやれるんだって見せてやらなきゃならないだろ。だけど今回は違う。今度は自分自身に証明するんだ。彼は練習をビデオに撮ってる。それを見て、また練習を重ねるんだ。

引退って言葉が忍び寄るんじゃないかな。それが少し怖いのかも。そんなことを考える自分が信じられないんだ。それが彼を動かしている。自分自身と戦っている。以前の自分より良くなろうと。怪我の記憶を消そうと戦ってるんだよ」

「あいつ、今まで見たことないほどのヤル気だ。今までヤル気がなかったってことじゃない。これまでないレベルのモチベーションなんだ。どこまでいくのかすごく期待している」

とヒルさんは語っています。

おお、いいですね!アールが頑張っているなら、応援する方も気合が入るぜ!自分もジムに行こうかな!

ということで、アール・トーマスさんのリハビリ風景を少しご覧くださいませ。


A post shared by Earl Thomas III (@earl) on

「チームメイトのことを考えてる。期待を裏切ったりしねーぞ」



SSカム・チャンセラーさんとCBリチャード・シャーマンさんと。


A post shared by Earl Thomas III (@earl) on


ううう、アール頑張ってや。フィールドに立つ日を心待ちにしているですよ・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿