2019/04/27

2019年シーホークスドラフト2日目までの指名選手など

2日目のドラフトが終わったところですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。いや、ドラフト楽しいですね!ルーキーくんたちの清々しいこと!お母ちゃんと抱き合う大きな息子あり、男泣きしているお父ちゃんあり、ファンの歓声あり、悲痛な叫びがあり。ドラマがあっちにもこっちにもっていう感じがいいわ〜。

さて、シーホークスは数日前までドラフト指名権4つしかなかったのに、DEフランク・クラークのトレードを含め、結局10人指名できるようになりました。ひょっとして明日もトレードダウンでもっと増える可能性あり。なんてこっちゃ。

ここまでのトップ4指名選手を少し紹介してみましょう!

1巡29位 LJ・コリアー(DE)テキサス基督教大学

なんか知らんけど「シーホークスによくフィットする」らしい。喜んでいいんかな?マイケル・ベネットと似たタイプで「スルッと通り抜け、パスラッシュが素晴らしい」とHCキャロル評。シーホークスが重要視しているという、「困難から這い上がる底力」を持っているとGMシュナイダーさんは語っています。

大学1年の時に母親を亡くし、母が観戦した最後の試合で活躍できなかったことが今でも悔しい。それが大きなモチベーションになっているとのこと。コンバインのインタビューでは、何秒目を開けていられるか競争で4〜5分の記録を出しました。「ワオ!そんなに長くできる人は見たことない!って褒められたよ」とは本人の弁。(なんのこっちゃ)

2巡47位 マーキス・ブレア(S)ユタ大学



バッドボーイ・ブレアと呼んでもいいでしょうか。ミサイルみたいに吹っ飛んでいく怖いもの知らず。「彼のタフなところ」をHCキャロルさんは大変評価しています。大学ではフリーセーフティ、ストロングセーフティのどちらもこなしました。なんか・・・アール・トーマスばりの選手になってくれるような気がする・・・。ぜひ先発勝ち取って欲しいな!ああ、ムラムラしてきた!レッツゴーーーー!


2巡64位 DK・メトカーフ (WR)ミシシッピ大学

コンバインで一躍有名人になったメトカーフくんについてはこちらをご覧ください。いや、でも64位まで落ちてくるとは思わなかったです。1巡か、2巡早めには指名されるだろうと思っていました。あれれれ、予想外の展開にあわててトレードアップした模様。シーホークスにやってくるとはビックリです。

「キミをシーホークスにするからね」との言葉に泣き出すメトカーフくん。HCキャロルさんに代わると「なんでこんなに待たせたの?えーん😭😭😭」って。そうかそうか。これぞドラフトの醍醐味じゃー。

コンバインのインタビューでは、上半身裸で現れた彼に「ちょっとムカついたからオレもシャツ脱いだった」というHCキャロルさん。(なんのこっちゃ)

背中がちょっとセクシーですね❤(うそうそ)

小型レシーバーが多いシーホークスで異彩を放すスーパーマンになってほしいです。

3巡88位 コーディ・バートン(LB)ユタ大学

え〜ラインバッカーよりオフェンシブライン取ってほしい〜。しかし判決を待つマイケル・ケンドリックスの今年が不透明、KJ・ライトは30歳、契約延長すると思うけど一応ボビー・ワグナーとの契約最終年ということで、デプスが必要なのも事実。でもよっぽどこの人がほしかったのではないでしょうか。タックルミスがものすごく少ない選手です。

新入りラインバッカー投入により、2年目のシャキーム・グリフィンくんもウカウカできませんよ。去年は出番が少なかったので今年こそ。みんな頑張れ!キミたちのベストを見せてくれーーー!

ということで、ここまで4選手がシーホークスへ。明日は4巡3人、5巡1人、6巡1人指名できる予定です。オフェンシブラインを2人くらいお願いしたい気持ちです・・・。

2019/04/19

【祝】ラッセル・ウィルソン契約延長 ずっとシーホークス!!!

シアトル・シーホークスと、QBラッセル・ウィルソンの契約がまとまりましたよ、みなさん!4年約140億円でNFL最高額選手となりました。保障額は107億円、そのうち65億円は契約時ボーナスと言われています。

ウィルソン側が指定した交渉期限が4月15日。ウィルソンのエージェントであるマーク・ロジャースさんは3日前からシーホークス練習施設に詰め、この日もずっと交渉を続けていました。しかし夜12時を過ぎても速報はなし。やっぱダメなんか・・・としぶしぶ寝てしまったわけですよ、私は。そしたら朝には朗報が!

記者会見でのウィルソンによると、「寝ることにするよ。明日は朝から練習だし。もし電話があったら、起きれるくらいの音量になってるけど」とロジャースさんに電話で伝えたのが11時15分。すると、11時50分には契約決定の知らせが入りました。

その後、ベットから「よう、シアトル。契約したぜ」と報告したラッセル・ウィルソン。


ちょwwwベッドで肌を出しているウィルソンを私達が見てもいいのかな?夜の気だるい声を聞いてもいいのかな?キラキラネックレス3つもして寝る人だっんですか?なんか見てはいけないものを見たような。いやいや、いーんです。NFL最高年俸をもらう人ですよ。なんでも好きなようにやってくれい!

で、次の日にはチームメイトのパロディ動画で遊ばれました。


どーですか、タイラー・ロケットくんのセクシーなこと!DJ・フルーカーさんのうわずったGo Hawks!もいい味出してますね!

ロケットくんのネックレスはチームメイト(クリス・カーソンとネイコ・ソープ)からの借りものです。契約が決まった翌日、オフェンス選手が集まるミーティングで、OCショッテンハイマーさんが「あのさ、ちょっとみんなに見せたいものがあるんだよ。すぐ終わるから」と紹介したというこのビデオ。こんなことしてQBをおちょくるチームメイト、いいじゃないですか。

契約前は、ウィルソン家がニューヨークへのトレードを希望しているとの噂もありました。しかし、エージェントのロジャースさんによれば、ウィルソンはシアトルを離れる気持ちはまったくなかったとのこと。今回の契約にはトレードなしの規約も含まれています。

「ラッセルにとって、シアトルに留まることが何よりも重要だった。私の仕事は、最高の条件でそれを約束すること。ノー・トレード規約が決めてだった。3年後のドラフトで彼の名前がトレードの噂になることは避けたかった。その提示があったので、契約はまとまると確信した」

ロジャースさん。あと10年はフットボールをしたい、シアトルで選手生活を終えたいと、ウィルソンも記者会見で語っていました。

ロジャースさんとの出会いは2010年。当時ウィルソンの父親は死の床に伏し、彼はマイナーリーグ野球に挑戦していました。フットボールと野球を知っているエージェントを探して巡り会い、初対面でレストランで会った時には、30分のはずが5時間も話し込んでしまったそう。それからずっと父親代わりのように付き合ってきました。



NFLのキャップが年々上昇すること、また、将来NFLがスポーツ賭博からも収入を得る可能性もあるという理由で、サラリーキャップの何パーセントかを年俸に、との要求もあったとか。しかし最終的にはシーホークス側のベストオファーと、ノー・トレード規約が決め手になったようです。

ポール・アレンさん亡き後は妹のジョディーさんがオーナーを務めていますが、今回の契約にも大変協力的だったとGMシュナイダーさんが話していました。

発表記者会見にはボビー・ワグナーデュアン・ブラウンさんも参加。レイブンズに移籍したアール・トーマスさん、引退したクリフ・アブリルさんもお祝の言葉を発表していました。

今年2019年が前回の契約最終年なので、新契約は2020〜2024年まで。あと5年でラッセル・ウィルソンは35歳。スーパーボウルにぜひ行ってほしいなー。あと、去年よりはもっとパスする回数を多くしてほしいわ。ラン・ラン・パスとか一つ覚えみたいにやっとらんで2nd downでパス投げさせろー。名実ともにチームを背負うクォーターバックなんやでー。



2019/04/15

アンソニー・バーがミネソタを選んだ日

LBアンソニー・バーさんは2014年ドラフト1巡全体9位でNFLミネソタ・バイキングスに入団。以後、チームの主力選手となり、プロボウルには4度選出されました。昨シーズンはバインキングスがルーキー契約5年オプションを行使し、シーズン後フリーエージェントに。

ニューヨーク・ジェッツが年平均15億円5年契約をオファーし、一度はそれを承諾したものの後悔の念に悩み、結局それよりも少ない契約金でバイキングスと再契約したことが先月ニュースになっていました。

その経緯をバーさんのエージェントが語っていたので紹介します。



3月11日月曜日

今年フリーエージェントが解禁となったのは3月13日ですが、その2日前には4時間の契約交渉が認められています。ジェッツの新ディフェンシブコーディーネーターは、アンソニー・バーを高く評価し、レイブンズより獲得したCJ・モーズリーと共にディフェンスの要として起用する意向でした。

そのジェッツが年15億円を提示。バイキングスはフリーエージェントで使える金額が5.2億円とサラリーキャップ的に厳しく、バーの放出はやむ終えない状況でした。ジェッツの金額にマッチすることは到底ムリ。

「ニューヨークに行くことが正しい選択だと、彼は知っていたよ。しかし心の奥底ではミネソタに残りたかった。その気持を私は感じていた」

と話すのは、エージェントのウィリアムズさん。年俸の大幅アップを知らせても、バーさんは浮かれることなく、「で、ミネソタはどう?」と繰り返していました。

午後5時、ウィリアムズさんがバーに電話を入れ、ジェッツ行きを改めて確認。「イエス」の答えをもらってジェッツ側にも報告し、契約の詳細をまとめることに。

その後バーさんと母親とのグループ通話で、お祝い気分を盛り上げるためフランク・シナトラの『ニューヨーク・ニューヨーク』をバックグラウンドに流したというウィリアムズさんですが(エージェントも大変ですねw)、バーさんの声は重く沈み、3人の会話はまるで通夜のようだったとのこと。

その間に契約の話が外部に漏れ、ミネソタを出ることがメディアで語られ始めると、バーさんの気持ちが揺れ、後悔を確信しました。

「人生で最大の間違いを犯したような気がする、彼はそう言ったんだ」とウィリアムズさん。すぐさまジェッツに電話を入れ、返事を一晩だけ待ってくれるよう頼みました。そしてバイキングスに連絡を取ります。

彼のニューヨーク行きを耳にしていたバイキングスは、エージェントからの電話にビックリ。ウィリアムズさんは切羽詰まった口調で、最後のオファーとして可能な金額を提示してくれないかと申し出ました。

エージェントとチーム側が急いで交渉をまとめ、午後8時、バーさんの手にはが2チームのオファーが。バイキングスのヘッドコーチであるジマーさんは、この間バーさんにテキストメッセージを何度か送り、チームに残ってほしい気持ちを伝えていました。

「その夜は朝方まで眠れなかった。天井をずっと見ていたんだ。未来を決める印のようなものが見えないかと。みんなに電話して、答えを見つけようとした」とバーさん。

3月12日火曜日

朝6時にウィリアムズさんはバーさんに電話を入れました。

「契約金が少なくても、自分が幸せになれる方を選択したらいい。契約期間が終わって10億や15億円多いことにしばられずに」と告げると、バーさんの心も決まっていました。両チームに連絡すると語り、ウィリアムズさん電話を切ります。

しかし、どこにも連絡せず、15分後にバーさんにまた電話。

「おめでとう!バイキングスに決まったぞ!って言ったんだ。そしたら彼が叫んだのさ。人生で最高の日だってね。私はこう言ったよ。『そういう反応がほしかったんだ。昨日はもらえなかったけど、今日はもらえた。今からチームに電話して決断を知らせてくるよ』って」

バイキングスとの5年契約は67.5億円でそのうち33億円が保証されています。年平均13.5億円は、ジェッツが提示した金額よりは少し低め。しかしバーさんと母親は、フェイスタイムをして涙を流して喜んだそう。

「彼がミネソタに戻るんだって言った瞬間、涙が出てきたわ。本当によかった。ほっとして、ありがたいことだと思いました。いろんな気持ちが混じっていました。始めたところに戻って、彼が大切にしている人たちと、第2の故郷とする街でまたやれるんです。なんて幸せなことなんでしょう」

とお母さん。バーさん本人は「本当の気持ちを押さえつけて、無理やり自分を納得させようとしていたんだ。でも、自分の心に従うなら、どんな結果でも受け入れられると思う」と語っていました。

フリーエージェントって、選手もチームもエージェントも、いろいろ大変ですね。チームを変わるって大陸を移動するわけだし、組織のカラーもあるし、自分が気に入る場所かどうかは実際に行ってやってみなきゃ分かりませんよね。フリーエージェントだって自分の思うチームに行けるかというとそうとは限らないし。

元シーホークスの(涙)FSアール・トーマスさんは、1年契約でカンザスシティに行くことになってたのに、一晩寝たら大型オファーがボルチモアから来ていて、申し訳なかったけど断りの電話を入れたと語っていました。

シーホークスは、現在QBウィルソンの契約更新から目が話せない状態です。ニューヨーク行きも噂されていますが、そんなのほんとやめて。最新の報道を手に汗握りながら待っているところ・・・。

2019/04/12

こうしてバキバキボディになった大型レシーバーDK・メトカーフ

ドラフトが近づいてきました。カレッジの選手はぜんぜん知らないんですが、なんかコンバインで話題になってた選手がいましたよね。体脂肪率が1.6パーセントとか。アスリートでも平均6−13パーセントだというのに、1.6というのは可能なのか?少なすぎて健康体とは言えないのでは?とか言われてたのが、DK・メトカーフくんです。身長191 cm、体重103 kg。

腕も肩も腹筋もバッキバキ。右がメトカーフくんで、左がAJ・ブラウンくんというミシシッピ大学のワイドレシーバー仲間。「オデル・ベッカム&ジャービス・ランドリーよりもビッグになるぜ」と豪語しているブラウンくんも1巡で指名される予定です。


このメトカーフくん、5歳のときには50パウンド(22.6kg)をベンチプレスで上げ、100パウンド(45kg)を担いでスクワットしていたという話。5歳ですよ!

シカゴ・ベアーズのオフェンシブラインマンをしていたお父さんが、家でウエイトを上げているのを見て、どーしても真似したい幼児だったようです。子ども用のウエイトセット(ダンベルと2.5、5、10パウンドの輪)を買ってもらうと、全部の重りをつけてスクワットしたそうな。

「毎日ウエイトを上げていたよ。子どもだったから、何でもしたかったんだろうね。父が仕事から帰って来るのが嬉しくて、いっしょにやってたんだ。それでトレーニングが大好きになった」

と語るメトカーフくん。父親がベアーズの筋力コーチにこの話をすると、ウエイトを使うのは子どもの成長を妨げるので、代わりにゴムバンドを使うようアドバイスされました。

息子が10歳になる頃には父はNFLを離れ、家族は地元ミシシッピに戻りましたが、親子は早起きしてミシシッピ大学スタジアムの階段を駆け上り、近所のジムに入り浸ってトレーニングを続けました。

父の方針で12歳になるまでフットボールはできませんでしたが、一度ボールを手にすると、父のようにプロになろうと決意。高校ではセーフティとレシーバーのポジションをこなし、陸上、バスケットボールでも活躍しました。

北米の高校スポーツは、競技によってシーズンがあるので選手は複数のスポーツをすることが可能なのですが、メカトーフくんの場合は1年を通じてオフシーズンなし。

「毎朝6時に学校に来てトレーニングしていたよ。それぞれの時期に、必要な身体部位を鍛えていた。彼のように取り組む高校生は、それほどいない」

と、当時のコンディションニングコーチ。パワーリフティングのコーチも兼任していたこの人が、週4回各2時間のウエイトトレーニングを指導し、痩せっぽちの高校生が大人の体に変身を遂げました。

大学は父の母校ミシシッピ大学へ。1年目は足の骨折、去年10月には首の怪我でシーズン離脱を余儀なくされました。ヒビが入った首の骨を手術し、幸い回復してからはNFLスカウティングコンバインに向けて、トレーニング一筋だったようです。

「(コンバインに)来れると思っていなかった」と語っていたメトカーフくん。ベンチプレスも垂直跳びも目を見張る記録を出していたのに、「自分では不満足です。もっとできるはずだった」とガッカリした顔をしていました。

大好きなイチゴ牛乳を我慢してトレーニングに励んだのに!!!一息ついて、やっと口にするイチゴ牛乳に顔をほころばせていましたよ。



チーズが大好きなので、将来はチーズを使いまくるレストランを開くそうです。チーズケーキも好きだし、どんな料理にもあうので「チーズは王様」だって。笑

なんかニコニコして好青年じゃないですか。コンバインの40ヤードダッシュで4.33秒を出した後は、お家に電話して泣いていました。お母さんとの会話はこんな。

「『頑張ったわね』って言ったんです。電話で言ったのはそれだけです。結果に驚きはしませんでした。だって、彼がどんなに一生懸命練習したか知っていましたから。あの子は『うん、うん』って、それだけ」

「今までに何度も母に電話したのを思い出しちゃって。練習の忘れ物なんかで。父も毎週土曜日に4時間運転して試合を見に来てくれた。そんなことが頭に浮かんだんだ。僕のためにいろんなことをしてくれた。ベストの力が出るように。それをとても大事にしている。ドラフトの夜は感無量だろう。この瞬間のために、僕たちはずっと頑張ってきたんだもの」

とメトカーフくんは語っています。

幅跳び、垂直跳び、40ヤードダッシュはトップクラスでしたが、記録が伸びなかったコーンドリルやシャトルの結果を疑問視するスカウトもいますがどうなんでしょうか。レイダースHCグルーデンさんは「こんなデカいレシーバーは見たことがない。いったい誰がタックルするんだい?」なんて言ってましたが。

ドラフトはもうすぐ、4月25日です。レシーバーがほしいのはどこなのかな?

2019/04/08

QBロジャースとHCマッカーシーをめぐるグリーンベイの確執

まあ人がふたりいれば、意見の違いがあったり、気に食わないところが出たりするのは当たり前のことじゃないですか。最近ではスティーラーズのゴタゴタが話題になりましたが、ペイトリオッツでも、シーホークスでも不協和音が流れたことがあります。だからグリーンベイ・パッカーズのクォーターバックとヘッドコーチが不仲であったと聞いてもなんの不思議もないんですが。

昨シーズンは、コーチのプレイコールをQBロジャースがかなり無視していると報道され、第13週でカーディナルスに負けた時には、チームがコーチを見限ったようにも見えました。シーズン終了を待たずにHCマッカーシーは解雇され、パッカーズは6勝9敗1分、ディビジョン3位に屈しました。

QBアーロン・ロジャースとHCマイク・マッカーシーの間に一体何があったのか。もっと勝てるはずのパッカーズが、スーパーボウル優勝ひとつ、過去2年間負け越し(13勝18敗1分)でマッカーシー時代を閉じたのはなぜなのか。グリーンベイの内部事情を明らかにする記事が発表されたので、少し紹介してみます。



2005年ドラフト全体1位でサンフランシスコ・49ersはQBアレックス・スミスを指名。地元カリフォルニア州出身であり、トップQBとも評価されていたアーロン・ロジャースは24番目でバッカーズに指名されることになるのですが、この時49ersでオフェンシブコーディネーターをしていたのがマッカーシーでした。

「アーロンはずっとマイクが気に入らなかったんだ。自分を指名できたのにしなかった。そいつがコーチになったのさ。アレックス・スミスの方が良いQBだとマイクは実際に語ったこともある。それでアーロンが腹を立てていた」

と語るのは2007年から2012年まで在籍したRBライアン・グラント。「それがロッカールームの大きなガンだった。みんな知っていた」と語る選手も。

3年間QBブレット・ファーブのバックアップを務め、4年目から先発となったロジャースは2011年にパッカーズをスーパーボウル優勝に導くわけですが、常勝チームであった頃からヘッドコーチへの批判は絶えませんでした。

プレイコールが良くない。選手選びを間違っている。マッカーシーはとんだ笑い者で、QBである自分がいつも後始末をしているんだ。

「マイクのフットボールIQは低いって、アーロンはよく言っていた。今までのコーチの中で一番低い。低い部類のひとりだ。そう言っていた」

NFLのオフェンスが進化するにもかかわらず、頑固に従来のプレイコールを繰り返すだけのマッカーシーに、ロジャースはますます不満を募らせます。同じルートを7年間ずっと走り続けたせいで、同ディビジョンのライバルチームがスナップ前に見破るほどだったと語る関係者も。

また、オフェンスマインドのヘッドコーチであるマッカーシーはディフェンスへの興味が薄く、ディフェンス選手からの不平も出ました。

「オレ達は関係ないんだ。オフェンスマインドのチームだから、クォーターバックがなんとかしてくれるだろ。そんなことをディフェンスの選手は言っていた。今日の練習ではあっちの尻を叩いてやったけど、いつオレ達を認めてくれるのかね?って」

結果としてディフェンス側の士気が下がり、ロジャースが欠場する試合では、早々に諦めて、全力を尽くすことを惜しむ選手も。

チーム内での結束が揺らぐ中、アーロン・ロジャースは建設的な意見の交換よりも、試合中に怒りを爆発させることを好みました。例えば、ベンチに向かって「このクソコールが!stupid fucking call!」と怒鳴ること。(2017年3週目)



「アーロンが面と向かってマイクに問題提起することはない。1度や2度はあったのかもしれないが、ほとんどないだろう。それが問題をこじらせ、毒になった」

2006-2012年パッカーズに在籍したWRグレッグ・ジェニングスは、すぐ機嫌を損ねるロジャースが一番の問題だったと語ります。バイキングスに移籍したブレット・ファーブと試合前に会話をすると、「なぜそんなことをする必要がある?」と後でロジャースに叱られました。

2012年に試合中のフィールドで「なぜそんなに短いルートをたくさん走るのか」と49ersのコーナーバックに聞かれたWRジェニングスが「契約が今年で最後なんだよ」と答えると、ロジャースがやって来て「シーズンが終わったらもらってやってくれ」と49ers選手に語ったという話も。

気に入らない選手は干すこともあるというロジャース。そのひとりが2014年7巡指名WRジェフ・ジャニスであり、また、新人レシーバーはコーチが指示したルートを走るのか、それとQBに従うのかで厳しい立場に置かれることに。ロジャースを怒らせたらボールが回ってこない。自分の力を見てもらうことができなくなる。

ベテランなら、プレイコールを変更するロジャースの即興に対応できても、ルーキーは戸惑うことがほとんど。新人を育てるつもりはなく、信頼もせず、オープンになっても新人は見過ごされ、昨シーズンはWRデバンテ・アダムスにパスが集まったといいます。

自分の権威をないがしろにされるHCマッカーシーは、次第にアシスタントコーチの役割を増やし、ミーティングを任せて自分が欠席することもあったといいます。その間にマッサージを受け入ていたとこの記事では報道され、マッカーシーはそれについては後日否定しています。

また記事の発表後、ロジャースを擁護する選手も、さらに非難する選手も何人か出ています。

ロジャースが先発QBとなってからHCマッカーシーと共にしたのは11年。その間にロジャースは24歳から35歳に。と思うと唖然としませんか?

試合に勝つ、スーパーボウルで優勝する、という同じ目標があったのに。二人ともプロフェッショナルのはずなのに、一体なんでこうなった。スーパースターのエゴとかヘッドコーチ第一人者の意地みたいなのもあったと思うけど、なぜ歩み寄ることができなかったのか。

采配に文句があるなら、もっといいやり方を一緒に考えたらいいじゃないか。コーチだってQBに「お前ホント扱いにくいわー」ってボヤいたらいい。双方が、これじゃまずいと思っていたはずなのに、「お互い気に入らんけど、勝つチームを一緒に作ろう」って握手することができなかったのは、なぜ。

たかがフットボールなんですけどね。生きていくのっていろいろ難しい・・。

バッカーズには新コーチが就任しましたから、今シーズンはコーチとロジャースの関係に注目が集まるでしょう。新コーチが決まった後、パッカーズ社長マーフィはQBに電話し、「問題を起こすなよ」と伝えたと報道されています。

ということで、パッカーズ劇場も興味津々・・・。

2019/04/06

ラッセル・ウィルソンとの契約延長を4月15日までにぜひお願いしたい件

みなさんこんにちは。長いオフシーズンをいかがお過ごしでしょうか。今週はグリーンベイの確執ドラマで少し盛り上がりましたが、まあそれはちょっとこっちに置いといて、シーホークスの話題をひとつ行ってみたいと思います。

シアトル・シーホークスのクォーターバック、ラッセル・ウィルソンが、契約更新を4月15日までに決定するようチーム側に要請したと報道されました。

2019年シーズンで現在の契約が満期となります。昨シーズン終了後は「更新なしで2019年をプレイすることになっても構わないよ」と明るく語っていたので、この要求には少し驚きました。突然強気に出て、どうしたラッセル?シアラに尻をたたかれたんかしら?

でもまあ先がはっきりしないまま一年を引きずり、その後フランチャイズタグなんか貼られちゃってグズグズするより、スパーンと長期契約してほしいというのが大方のファンの希望ではないでしょうか。

だってこの人しかいないでしょうシーホークスのQBは!

リーグの最高額契約になるらしいと言われています。だってクォーターバックの年俸なんて毎年の記録更新が当たり前。再来年にはマホームズくんが200億円、年40億円で契約更新する見込みとか言われてるんだから、ウィルソンにもそれに近いものを保証してもいいじゃないの。


これまでのスタッツを並べて、ウィルソンがいかに価値のあるクォーターバックであるかを語ることもできますが、なんといっても試合をこの人に預ければなんとかなるのではないかという信頼が絶大です。(私にとってはね!)

第4クォーター残り5分で10点離されていても、いや勝てんじゃない?と思えるのはこの人がいるから。勝負を賭ける大事な瞬間にクールにスーパープレイを決めてくれる。失敗しても大袈裟に悔やまない。(スーパーボウルでのインターセプトなんか両手をポンと叩いただけでオワリ)どんなことがあっても超前向き。入団後、練習も試合も休んだことなし。

オフェンシブラインがぐだぐだでサックされまくっても文句の一つも言わず、ランニングバックが走れなければチームで一番ラッシュヤードを稼ぎ(2017年)、コーチが頑固にラン・ラン・パスを多用してもなんとかサードダウンを更新してくれるという、もうこんなに頼れる人がどこにいるっつうの。

確かに大型契約によって、チームはサラリーキャップ的に厳しい立場に追いやられるし、シーホークスにはLBボビー・ワグナー、DEフランク・クラークとの契約も控えています。しかしなんとかなるはずなので、GMシュナイダーさんとHCピート・キャロルさんになんとかしてほしい。よろしくお願いいたします!

ちなみに2019年のクォーターバック平均年俸ランキングを見てみるとこんなかんじ。

1.アーロン・ロジャース 33.5億円
2.マット・ライアン 30億円
3.カーク・カズンズ 28億円
4.ジミー・ガロポロ 27.5億円
5.マシュー・スタッフォード 27億円
6.デレク・カー 25億円
6.ドリュー・ブリーズ 25億円
8.アンドリュー・ラック 24.6億円
9.アレックス・スミス 23.5億円
10.ジョー・フラッコ 22億円

となっています。ウィルソンは現在21.9億円で12位。30−35億円ってとこでカタがつくのかな?クォーターバックのフランチャイズタグは、2020年30億円、2021年36億円くらいのようです。

もし15日までに契約が成立しなかった場合はシーズン終了まで交渉はなしという報道もあります。えーと、期限まであと10日ほど。早く決着がつけばいいな〜と思っています。