2018/12/06

”スコリガミ”を9年連続勝利で更新中のシーホークス

スコリガミ。みなさんは聞いた事があるでしょうか。

それは、NFLの歴史上、今までに起こったことのない得点のコンビネーションのこと。スコアscoreと折り紙origamiを合成した言葉でscorigamiと綴ります。なぜ折り紙?よく知らんけどこの言葉を作ったジョン・ボイスさんて人が折り紙好きだったんよね。(てきとー)

先週の49ers対シーホークス戦が、まさにこのスコリガミであったとニュースになっていたんです。16対43。1920年のNFL創立以来、この得点で試合が決着したのはこれが初めて。

NFL約100年の歴史。現在の試合数は年267(レギュラーシーズン256+ワイルドカード4+ディビジョナル4+コンファレンス2+スーパーボウル1)。なので、だいたい26000回試合をして初めて現れた数字ってことでオーケーかな?(初期のNFLはかなりチーム数が少なかったと聞いています)

そして実は、シアトル・シーホークスはピート・キャロルさんがヘッドコーチに就任した2010年から9年連続で毎年スコリガミ試合をし、そのすべてに勝利しているという衝撃(?!)の事実が。

2010年 シーホークス対カーディナルス 36-18
2011年 シーホークス対ジャイアンツ 36-25
2012年 シーホークス対カーディナルス 58-0
2013年 シーホークス対ブロンコス 43-8 *スーパーボウル
2014年 シーホークス対パッカーズ 36-16
2015年 シーホークス対スティーラーズ 39-30
2016年 シーホークス対49ers 37-18
2017年 シーホークス対コルツ 46-18
2018年 シーホークス対49ers 43-16

偶然と言えば偶然。奇遇と言えば奇遇。どうでもいいと言えばどうでもいい。でもちょっと面白がってみようではありませんか。

これまでのスコリガミはこのページで見ることができます。➜NFL Scorigami


上の数字が勝利チームの得点、右の数字が負けたチームの得点で、緑色の四角がこれまでに起こった得点のコンビネーションです。

タイトルの下のドロップダウンメニューからFirst Gameを選ぶと、それぞれの年に初めて起こったスコリガミが赤色で示されます。こんなふうに。


今シーズンのスコリガミは、これまで7試合。赤の四角をクリックすると、試合の詳細が表示されます。たとえば一番下の赤い四角。これは、11月19日のロサンゼルス・ラムズ対カンザスシティ・チーフスのあの試合。54対51でこれもスコリガミでした。

西暦年数の指標ををスライドさせて、NFL元年の1920年を見たのが下図。完封試合がけっこう多かったのが分かります。元年なのでみんな赤いスコリガミですが、0対0や66対0の試合があります。66対0!観客はスタジアムに残って試合を見ていたんでしょうか?コールドゲームにして帰ろうぜって思うよね・・・。


スコリガミのチャートを眺めていると、「そうか73対0が最も得点差があった試合なんだな」とか「2対0ってセーフティだけの得点だったんだ」などと、しばし思いに耽ることができますが、みなさん、敗者の得点1点の枠がずっと空白なのに気づきましたでしょうか。

1点。まぼろしの1点は、2015年のルール改正で可能となりました。エクストラポイントのキックをブロックし、ディフェンスがそれをずーっと反対側のエンドゾーンまで持って行ったらセーフティで2点。

ブロックしたボールをディフェンスがリカバーし、自陣エンドゾーンでダウンしてしまったら、キックしたチームに1点のセーフティが得点になるとのこと。

2013年カレッジの試合で、まさにその1点セーフティが実現した瞬間。



こんなのNFLでも見れるんやろか。1点得点があったら、必ずやその試合はスコリガミになることでしょうよね。いつかは必ず起こるでしょう。10年後か100年後かは知らないけど。

ということで、スコリガミチャートによれば「51対0」はすでに1920年、1967年、1989年に起こっていますが、2012年以来、シーホークスはハーフタイムで4点以上リードしていた試合は51勝0敗とのこと。次のバイキングス戦でも前半で4点以上リードして記録を更新してほしいです!がんばれーー!


0 件のコメント:

コメントを投稿