2017/05/20

チーフスとは今年が最後と覚悟するアレックス・スミス

カンザスシティ・チーフスは、2016年シーズン12勝4敗。AFC西地区の1位としてプレイオフに進出しました。クォーターバックは、2013年にサンフランシスコ・49ers から移籍したアレックス・スミスさんです。

2017年ドラフト当日、チーフスはバッファロー・ビルズとトレードアップし全体10位でQBパトリック・マホームスを指名。トレードの条件としてビルズに譲渡したものは、全体27位(1巡)+全体91位(3巡)+2018年1巡指名権。チーフスの将来を担うクォーターバックとして指名したのは明白です。

こんなあからさまなチームの方針を見せ付けられて、現在の先発QBはどんな気持ちなんだろう。

「チーフスが僕を必要とするのは、この1年だけだろう」なんてキャプションを付けて、こんなさみしそうな写真を使っていますがね、ESPNは。


でも、アレックス・スミスさんは、NFLではこんなの普通のことだからさ、と達観した様子で語っていましたよ。

「チーフスが僕に託すのはこの1年だけだろうね。そういうもんだよ。もし試合で結果が出せなかったらさ、コーチは正直だから。出場して結果を出す。皆そうやってるんだ」

「パトリックをドラフトした、しないに関わらず、それは変わらない。そうだろう?自分の実力が伴わなかったら、プロじゃいられないのさ。そういう仕組みになってる。そういうポジションなんだ」

アレックス・スミスさんは2005年に全体1位でサンフランシスコ・49ersにドラフト指名されました。最初の6年間はオフェンシブコーディネーターが毎年代わり、怪我にも泣かされました。同期でNFLに入ったアーロン・ロジャースさんと比べられて、悔しい思いもしたことでしょう。

しかしジム・ハーボーさんが49ersのヘッドコーチになると、2011年にはNFC西地区の1位に。スタッツ的にも最高の年になりました。2012年にはコンカッションで先発を外れると、そのままQBコリン・キャパニックさんが台頭して、結局シーズン後にはトレードで放出。

「ちょっとその時と似てるかもね。僕は年とったQBだし、チームは若くて伸びる選手をドラフトしたってことで。でも、全く違うチームで、コーチ陣も違う。僕だって同じ選手じゃない」

「いろんなことがあったよ。この前の時とは、ちょっと事情は違うけど、ま、分かってるさ。誰がGMでも、ここは重要なポジションだから、才能ある選手を取れるだけ取るよね」

「納得してるよ。もう13年目だし。といっても、自分の目標はブレていない。そうだろ?もっと活躍できる。いまだに上達している感触がある。正直なところ」

というように、自分の場所を真摯に受け止め、しかしなおかつ、ヤル気を見せている、気負ったところのないアレックス・スミスさんです。

チーフスとの契約はあと2年。パトリック・マホームズさんが順調に育てば、それでチーフスとは終わり。ビジネスとはそういうもの。

ドラフトの直後、マホームスさんとも話をしたと言っていました。家族でドラフト指名を祝っている喜びの時だったので、早々にあいさつを切り上げたそうですが。そんなところも、大人やね~。

まだまだアレックス・スミスさんには頑張ってほしい。サンフランシスコからカンザスシティに移って、活躍している姿を見て、よかったな~って思ってました。

新しい選手も楽しみだけど、ベテランだってまだまだ捨てたモンじゃないっすよね!


0 件のコメント:

コメントを投稿