2018/04/29

2018年シーホークスドラフト指名選手まとめ

3日間のNFLドラフトが終わりました。ふぅー。シアトル・シーホークスは、5巡でLBシャキーム・グリフィンを指名。まさかと思っていたけど、本当にこんなことが起こるんですね。嘘みたい。でも良かった!👏👏👏

それでは、1巡指名のラシャード・ペニー選手に続く、2018年シーホークスドラフト組を紹介します。

3巡(79位)DE ラシーム・グリーン 南カリフォルニア大学
もっと高い順位で指名されるはずの選手ですが、高校時代にACLを痛めていたことの不安から指名を見送られていたようです。シーホークスのチームドクターが2回検査を行い、問題なしと判断しました。大学ではインサイドでの起用が多かったのですが、本人はアウトサイドが好きだとのこと。

マイケル・ベネットが移籍し、クリフ・アブリルも多分引退、去年1番に指名したマリック・マクドウェルも交通事故からの復帰が困難――と、パスラッシャーが手薄になっているので、納得の指名ではないでしょうか。(えー、でもOラインは・・・?)

「込み入った問題は全くない選手。しっかりしている。20歳と若いのに、わざと髭をはやして年上に見せようとしてるみたいだよね」とGMシュナイダーさん。(リンク先の写真参照)

「最初の言葉が『明日行っていいすか?明日から練習していい?』だったよ。嬉しいね。大学では人気者だった。みんなに好かれていたよ」とHCキャロルさんが語っていました。


4巡(120位)TEウィル・ディスリー ワシントン大学
ええー、タイトエンド?!まあ確かにジミー・グラハム、ルーク・ウィルソンが抜けてはいますが、ここでTEとは思いませんでした。

地元ワシントン大出身。ブロックにかけてはピカいちの選手です。昨年は78回のパスブロッキングのうち、一度としてプレッシャーを許していません。もともとディフェンシブラインの選手でしたが、練習でパスキャッチして遊んでいたらTEにコンバートさせられたという話。

シーホークスは、フリーエージェントでもブロック上手なエド・ディクソンと契約していますから、ランゲームの復活に本気のようです。(でもOラインは・・・?)

5巡(141位)LBシャキーム・グリフィン フロリダ中央大学
みんなが待ち望んでいたこの指名。ドラフト1・2日目は会場控室に招待されていたシャキームくんですが、3日目はホテルの部屋に親戚一同が集合していました。ずーっと待っていて、ちょうどトイレに立った際に携帯電話が鳴りました。双子の兄シャキールが発信先の地域番号を見てトイレに突進、タックルしたそうです。喜びのタックル、いいっすね!

ということで指名の電話を受け取るシャキームくんと、弟を抱きしめるシャキールくん。

別のアングルでは、お母さんが泣き崩れているところが見えます。お母さーん、本当に良かったですね!みんな喜んでいますよー。

「そんでオレと住む?ダメ?」というのが、この後のシャキールくんの言葉だっだそうです。HCキャロルさんによると、ウィークサイド(ってどっち?)のラインバッカーで使う予定とのことです。

5巡(146位)CBトレ・フラワーズ オクラホマ州立大学
大学ではセーフティをのポジションでしたが、シーホークスではコーナーバックをするとのこと。リチャード・シャーマン、ジェレミー・レーン、デショーン・シードを失っていましたから、この指名も妥当かな。

腕の長さ32インチ(81 cm)以上がシーホークス CBの条件(らしい)ですが、この人は33 7/8インチ(86 cm)。昨年はチームトップの79タックル、2インターセプトを記録。2000年に1巡でバッファロー・ビルズに指名されたおじさんが親戚にいます。

「カムやアールを見て育ってきたんだ。リチャードがもういないのは残念だけど、チームの一員になることが嬉しい」とフラワーズくん。先輩を脅かす活躍をぜひ見せてほしいです。(しかしOラインはいつ・・・?)

5巡(149位)Pマイケル・ディクソン テキサス大学
トレードアップして獲得したのが、オーストラリア人のパンターです。高校までオーストラリアンフットボールの選手でした。60ヤードパントを頻繁に見せてくれるとか。2017年テキサスボウルでは、11パントのうち10パントが敵陣15ヤード内(敵陣10ヤード以下が7、5ヤード以下が4)という芸術的パントで観客を魅了しMVPを獲得しています。(このリンクで見てね)

シーホークスには、現Pジョン・ライアンがいますが、36歳という年齢、キャップヒット年3.2億円、また、昨年の飛距離平均45.0に対してディクソンくんは平均48.8ヤード、ということを考えると、世代交代は必須です。

5巡(168位)OTジャマーコ・ジョーンズ オハイオ州立大学
やっと来ました、オフェンシブタックルが。もう来てもらっただけで、誰でも嬉しいです。「3巡辺りの選手。昨年はRTイフェティがリーグ最高16ペナルティを犯しているので、すぐに代役となるかも」という解説者の声も聞こえます。なんでもいいから、とにかくQBを守ってね。お願いしまっす!
6巡(186位)DEジェイコブ・マーティン テンプル大学
もうひとりくらいOライン取ってほしい・・・と思いましたが、またもエッジラッシャー。「ラッシャーとしては小柄ではあるが、動きは素早くタフだ」というGMシュナイダーさんの評です。6巡を待つ、その気持ちを紛らわすために、スポンジ・ボブを見ていたところに指名の電話が入り、そのあと、涙が出てきたとのこと。お兄さんが現在ニューヨーク・ジェッツに所属するLBジョシュ・マーティン。2016年のカンファレンス決勝には、足を骨折しながらも出場したというタフな選手です。

7巡(220位)QBアレックス・マゴー フロリダ国際大学
ラッセル・ウィルソン以後、シーホークスが初めて指名したクォーターバック。大学では4年間ずっと先発でした。今年のドラフトでは計10人のQBが指名されましたが、マゴーくんはその9人目。マイアミ・ドルフィンズが興味を示していたと、ふと聞きましたが、ドルフィンズのQB指名はゼロでした。

以上、シーホークスのドラフト2018年組でした。彼らのほかにもドラフト外で何人か契約、また、ミニキャンプに招待される選手もいるでしょう。皆さん、頑張れー!ロースターに残って、フレッシュなプレイを見せてほしいです。

Oライン一人しか取ってないけど、これでいいんか?とも思いますが、まあチームを信じて見守っていくしかないです。しかしあれですね、指名のお知らせ電話って、みんな嬉し泣きしてくれて、GMって役得ですね。朗報を伝えるって、いい気持ちだろーなあ。シャキール・グリフィンに電話を入れた時は、ドラフトルーム全体が感動していたそうです。GMシュナイダーさんは電話をコーチの渡した後、ぐちゃぐちゃに泣いていたと、HCキャロルさんが話していました。

ということで、ルーキーはこれからが勝負!ガンバレーーー!!!


4 件のコメント:

  1. ぴーたん2018/04/30 0:51

    Hanaさんこんにちは。初めてコメントさせていただきます。

    Hanaさんの記事でシャキームのことを知ってから、どこか指名してくれないかとそわそわしながらドラフトを見ていました。シアトルが指名してくれてうれしいです。

    サヌー選手の手紙の話や、ブリッジウォーター選手復帰の話などの選手個人をピックアップして紹介している記事がとても好きです。
    これからも記事の更新楽しみにしています。 
    Go Hawks!

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。コメントありがとうございます。励みになります。なかなかサボったりもしているんですが、よろしくお付き合いくださいませ。これからもよろしくお願いします!

      削除
  2. 今年最大のOLの補強はドラフトの前にとっくに終わっております。

    それはトム・ケーブルを解雇したことです。

    だから大丈夫きっと大丈夫。うん、必ず大丈夫………

    ジミー・グレアムを取った辺りから、おかしくなったね。実際弱なった。ランでゴリゴリするの?しないの?ってなった。上手くいってただけあって、より強くなると思ってやったことがハマんなかった。なので今年は2011シーズンのようなAlways Competeが見られるはずで、期待してます。

    今シーズンは原点回帰というべきか、新シーズンが見れます。きっと。

    返信削除
    返信
    1. やはりトム・ケーブルさんだったんでしょうか・・。いろいろ選手も変わって、原点回帰の新シーズンになるよう、私も祈っています。うん、必ず大丈夫・・・。

      削除